数学史叢書 リーマン論文集

足立 恒雄杉浦 光夫長岡 亮介(編訳)

足立 恒雄杉浦 光夫長岡 亮介(編訳)

定価 8,580 円(本体 7,800 円+税)

A5判/388ページ
刊行日:2004年02月20日
ISBN:978-4-254-11460-7 C3341

ネット書店で購入する amazon e-hon 紀伊國屋書店 honto Honya Club Rakutenブックス

書店の店頭在庫を確認する 紀伊國屋書店 旭屋倶楽部

内容紹介

「リーマン幾何」や「リーマン予想」で知られる大数学者の代表論文を編訳し詳細な解説と訳注を付す〔内容〕複素関数論/アーベル関数論/素数の個数/平面波/三角級数論/幾何学の基礎/耳について/心理学/自然哲学/付:リーマンの生涯/他

編集部から

目次

1. 複素一変数関数の一般論の基礎
2. ガウスの級数F(α,β,γ,χ)で表示できる関数の理論への貢献
3. アーベル関数の理論
4. 与えられた限界以下の素数の個数について
5. 有限な振幅をもつ空気中の平面波の伝播について
6. 任意関数の三角級数による表現の可能性について
7. 与えられた境界をもつ面積最小曲面の例
8. 幾何学の基礎にある仮説について
9. 耳の力学
10. 心理学生物学草稿
11. 自然哲学の数学的新原理
付録 ベルンハルト・リーマンの生涯
索 引

執筆者紹介

【編訳者】足立恒雄,杉浦光夫,長岡亮介
【翻訳者(翻訳順)】笠原乾吉,寺田俊明,高瀬正仁,宮武貞夫,鹿野 健,小磯深幸,山本敦之,赤堀庸子

関連情報

ジャンル一覧

ジャンル一覧

  • Facebook
  • Twitter
  • 「愛読者の声」 ご投稿はこちら 「愛読者の声」 ご投稿はこちら
  • EBSCO eBooks
  • eBook Library