シリーズ〈栄養と疾病の科学〉 2 血栓症と食

高田 明和(編)

高田 明和(編)

定価 4,400 円(本体 4,000 円+税)

A5判/232ページ
発売日:2020年05月01日
ISBN:978-4-254-36186-5 C3347

ネット書店で購入する amazon e-hon 紀伊國屋書店 honto Honya Club Rakutenブックス

書店の店頭在庫を確認する 紀伊國屋書店 旭屋倶楽部

内容紹介

血栓症と肥満が相互に影響しあうことを明らかにし,肥満ひいては食と血栓症の関係を探る。〔内容〕血栓症の仕組/肥満と血栓症/脂質と血栓症/腫瘍,深部静脈血栓症/栄養と血栓溶解/周産期の出血と止血/最新画像診断とIVR医療機器開発

編集部から

目次

第1章 血栓症の仕組み 後藤信哉
 1.1 血栓形成の概略
 1.2 血栓形成のメカニズム―寄与する因子間の相互作用の視点から
 1.3 血栓形成メカニズムにおける帰納的理解と演繹的理解
 1.4 食と血栓の将来展望

第2章 肥満と血栓症 高田明和
 2.1 肥満における血栓症誘発の仕組み
 2.2 凝固因子活性化による肥満,インスリン抵抗性の誘発
 2.3 食とトランス脂肪酸
 2.4 オメガ(ω)脂肪酸と血栓症

第3章 脂質と血栓 西川泰弘
 3.1 脂質異常症に対する食事指導
 3.2 食事が血清脂質に及ぼす影響
 3.3 多価不飽和脂肪酸
 3.4 一価不飽和脂肪酸
 3.5 まとめ

第4章 腫瘍,深部静脈血栓症 横山健次
 4.1 がんに関連する血栓症の歴史
 4.2 静脈血栓塞栓症の疫学
 4.3 がんに関連する静脈血栓塞栓症
 4.4 がん関連の静脈血栓塞栓症の発症機序
 4.5 がんに関連する静脈血栓塞栓症の予防と治療
 4.6 がんの予防
 4.7 まとめ

第5章 栄養と血栓溶解 永井信夫
 5.1 線溶系の概要
 5.2 肥満と血栓溶解
 5.3 血圧と血栓溶解
 5.4 フィトケミカルと血栓溶解
 5.5 まとめ

第6章 周産期の出血と止血(肥満と血栓症) 杉村 基
 6.1 妊娠前BMIならびに妊娠中の体重変化と周産期予後
 6.2 肥満とエストロゲン
 6.3 エストロゲンと血栓症
 6.4 肥満妊婦と血栓症
 6.5 肥満妊婦と分娩時出血

第7章 生活習慣病に伴う動脈硬化のための最新画像診断およびIVR医療機器開発 長谷部光泉・松本知博
 7.1 動脈硬化性病変のための画像診断
 7.2 MRIによる下肢血管病変の評価―最新のMRA法
 7.3 IVR分野における抗血栓症の治療デバイスの開発
 7.4 まとめ

執筆者紹介

関連情報

ジャンル一覧

ジャンル一覧

  • Facebook
  • Twitter
  • 「愛読者の声」 ご投稿はこちら 「愛読者の声」 ご投稿はこちら
  • EBSCO eBooks
  • eBook Library