シリーズ〈脳の科学〉 脳のホルモン (普及版) ―前頭葉をめぐって―

伊藤 眞次(著)

伊藤 眞次(著)

定価 4,180 円(本体 3,800 円+税)

A5判/232ページ
発売日:2010年07月10日
ISBN:978-4-254-10245-1 C3040

ネット書店で購入する amazon e-hon 紀伊國屋書店 honto Honya Club Rakutenブックス

書店の店頭在庫を確認する 紀伊國屋書店 旭屋倶楽部

内容紹介

前頭葉を中心に据えて脳のホルモンを解説する。〔内容〕大脳皮質の生物学的構築/前頭葉皮質の除去/脳のコレチストキニン(CCK)/CCKの行動薬理学/CCKによる記憶の増強/CCKの分子断片/CCKと脳内活性物質との関係/他

編集部から

シリーズ〈脳の科学〉
人類に残された最後の聖地“脳”の解明に挑む

目次

1. 大脳皮質の生物学的構築
 1.1 ペプチドホルモンの分布
 1.2 大脳皮質の構造の概略
 1.3 ベプチドホルモンをふくむ皮質の細胞
 1.4 大脳皮質の神経伝達物質
 1.5 神経ペプチドと古典的神経伝達物質との共存
 1.6 GABAをふくむペプチド分泌ニューロン
 1.7 皮質ホルモンの作用の概要
 1.8 ホルモンの新しい概念
2. 前頭葉皮質の除去
 2.1 CCK-8と自発運動
 2.2 CCK-8の行動効果
 2.3 VIPの行動効果
 2.4 TRHの行動効果
 2.5 β-エンドルヒンの効果
3. 脳のコレチストキニン
 3.1 CCKの脳内分布
 3.2 脳のCCKレセプター
 3.3 CCK拮抗物質
 3.4 拮抗物質による記憶の喪失
 3.5 CCKの類似体
4. コレチストキニンの行動薬理学
 4.1 CCKの鎮静作用
 4.2 迷走神経の役割
 4.3 CCKとドーパミン系の組織化学
 4.4 行動からみたCCKとドーパミン系
5. コレチストキニンによる記憶の増強
 5.1 受動性回避反応
 5.2 能動性回避反応
 5.3 Morris水槽法での空間記憶
 5.4 CCKとNMDAレセプター
 5.5 プロテイン・キナーゼC
 5.6 タンパク質の生合成
6. コレチストキニンの分子断片
 6.1 プレプロCCKのプロセシング
 6.2 V-9-M
 6.3 CCK-4
7. コレチストキニンと脳内活性物質との関係
 7.1 視床下部・神経下垂体系のCCK
 7.2 コリン作動系
 7.3 CCKとβ-エンドルヒンとの関係
 7.4 CCKとGABAとの相関
8. 血管作動性小腸ペプチド
 8.1 脳内分布
 8.2 脳内での生理作用
 8.3 生化学的な作用
 8.4 VIPと学習
9. 索 引

執筆者紹介

関連情報

ジャンル一覧

ジャンル一覧

  • Facebook
  • Twitter
  • 「愛読者の声」 ご投稿はこちら 「愛読者の声」 ご投稿はこちら
  • EBSCO eBooks
  • eBook Library