シリーズ〈気象学の新潮流〉 4 メソ気象の監視と予測 ―集中豪雨・竜巻災害を減らすために―

斉藤 和雄鈴木 修(著)

斉藤 和雄鈴木 修(著)

定価 3,190 円(本体 2,900 円+税)

A5判/160ページ
刊行日:2016年10月25日
ISBN:978-4-254-16774-0 C3344

ネット書店で購入する amazon e-hon 紀伊國屋書店 honto Honya Club Rakutenブックス

書店の店頭在庫を確認する 紀伊國屋書店 旭屋倶楽部

内容紹介

メソ(中間)スケールの気象現象について,観測の原理から最新の予測手法まで平易に解説。〔内容〕集中豪雨/局地的大雨/竜巻/ダウンバースト/短期予測/レーダー・ライダー/データ同化/アンサンブル予報/極端気象

編集部から

目次

1. メソスケール現象
2. メソスケール現象の監視と短時間予測
3. 数値モデルによる気象予測*コラム(例)
 エコーとエンジェル
 高解像度降水ナウキャスト
 オリンピックとメソ気象の監視と予測プロジェクト
 降水の検証

執筆者紹介

関連情報

ジャンル一覧

ジャンル一覧

  • Facebook
  • Twitter
  • 「愛読者の声」 ご投稿はこちら 「愛読者の声」 ご投稿はこちら
  • EBSCO eBooks
  • eBook Library