朝倉物理学大系 6 高エネルギー物理学の発展

長島 順清(著)

長島 順清(著)

定価 7,480 円(本体 6,800 円+税)

A5判/376ページ
刊行日:1999年06月20日
ISBN:978-4-254-13676-0 C3342

ネット書店で購入する amazon e-hon 紀伊國屋書店 honto Honya Club Rakutenブックス

書店の店頭在庫を確認する 紀伊國屋書店 旭屋倶楽部

内容紹介

実験物理学者が懇切丁寧に書き下ろした本格的教科書。本巻は高エネルギー物理学最前線を扱う。〔内容〕小林-益川行列/ヒッグス/ニュートリノ/大統一と超対称性/アクシオン/モノポール/宇宙論

編集部から

目次

1. 序論
 1.1 標準理論の考え方
 1.2 標準理論の構造
 1.3 標準理論の検証
 1.4 高エネルギー物理学の発展方向
2. 小川‐益川行列
 2.1 ヒッグス場による質量生成
 2.2 小川‐益川行列要素の数値評価
 2.3 ユニタリー三角形
 2.4 2粒子系の混合
 2.5 質量行列の理論評価
 2.6 ユニタリー三角形の許容範囲
 2.7 Kの稀崩壊
 2.8 B崩壊でのCP非保存の観測法
 2.9 非対称Bファクトリー
 2.10 CPの諸問題
3. ヒッグス
 3.1 ヒッグス粒子の相互作用
 3.2 ヒッグスの質量
 3.3 ヒッグス粒子の生成
 3.4 超対称ヒッグス
 3.5 ヒッグスは素粒子か
4. ニュートリノ
 4.1 ニュートリノ質量の理論的諸問題
 4.2 レプトン数非保存テスト
 4.3 ニュートリノの電気的性質
 4.4 ニュートリノ混合
 4.5 ニュートリノ天文学
 4.6 大気ニュートリノ
 4.7 超新星ニュートリノ
 4.8 おわりに
5. 大統一と超対称性
 5.1 なぜ大統一か
 5.2 SU(5)
 5.3 SO(10)
 5.4 階層問題
 5.5 超対称性
 5.6 超対称モデル
 5.7 超粒子探索
 5.8 おわりに
6. アクシオン
 6.1 ソリトン
 6.2 強い相互作用におけるCPの破れ
 6.3 アクシオンのモデル
 6.4 宇宙におけるアクシオン
 6.5 電弱相互作用の相転移とバリオン数非保存
7. 磁気単極子(モノポール)
 7.1 ディラックモノポール
 7.2 ト・フーフト‐ポリヤコフモノポール
 7.3 大統一モノポールの性質
 7.4 モノポールと天体物理学
 7.5 モノポール探索
 7.6 おわりに
8. 宇宙論
 8.1 フリードマン方程式
 8.2 ビッグバン宇宙論
 8.3 インフレーション
 8.4 残存ニュートリノ
 8.5 宇宙の物質組成
 8.6 宇宙構造の進化
9. 付録
 9.1 ホモトピー
 9.2 宇宙論補足
10. 索引

執筆者紹介

関連情報

分冊・シリーズ

ジャンル一覧

ジャンル一覧

  • Facebook
  • Twitter
  • 「愛読者の声」 ご投稿はこちら 「愛読者の声」 ご投稿はこちら
  • EBSCO eBooks
  • eBook Library