シリーズ朝倉〈言語の可能性〉 2 言語学の領域II

中島 平三(監修)/今井 邦彦(編)

中島 平三(監修)/今井 邦彦(編)

定価 4,180 円(本体 3,800 円+税)

A5判/224ページ
刊行日:2009年04月20日
ISBN:978-4-254-51562-6 C3381

ネット書店で購入する amazon e-hon 紀伊國屋書店 honto Honya Club Rakutenブックス

書店の店頭在庫を確認する 紀伊國屋書店 旭屋倶楽部

内容紹介

言語学の伝統的研究分野といわれる音韻論・形態論・統語論などで解決できない諸課題を取上げ,その研究成果と可能性を解説。〔内容〕総論/意味論/語用論/関連性理論/手話/談話分析/コーパス言語学/文字論/身体言語論/今後の可能性

編集部から

目次

1. 総   論 
この巻であつかう言語研究分野
科学の研究法
演繹法則的方法論は本当に言語研究になじむのか
各章の紹介

2. 意 味 論 
意味論とは何か
文の意味的特徴
意味論の歴史 
真理条件的意味論 
句と語の意味 
意味論は成立するのか 
意味論の貴重な遺産 

3. 語 用 論 
語用論とは 
語用論研究の歴史 
ネオ・グライス派語用論
新領域の誕生 

4. 関連性理論 
関連性理論とは 
伝 達 
発話解釈の特性
語彙語用論 
発話解釈と脳 

5. 手   話 
手話の種類 
手話の使用者 
手話は世界共通か 
手話の言語学的研究─手話音韻論
手話に語順はあるか

6. 談話分析 
はじめに 
ことばの実例を分析してみる 
談話分析はことばをどのように眺めるのか
談話分析にはどのような研究があるのか 

7. コーパス言語学 
コーパス言語学とは 
コーパスの中はどうなっているのか 
どのようなコーパスがあるのか 
コーパスで何ができるか
コーパスから何が見えるか 
これからのコーパス 

8. 文 字 論 
文字論とは 
文字とは 
文字の始まり 
文字の種類 
古代の文字体系 
中国文字の起源と仕組み 
アルファベットと日本の文字体系
文字と文字研究のこれから 

9. 身体言語論 
はじめに 
体感が導く台詞 
解体される台詞 
ひらかれた身体のために 

10. 言語研究の可能性 
言語の諸相 
演繹法則的研究 
解釈論 
“新しい”2分野 
手話について 
文字論の今後 
身体言語論 

索   引 

執筆者紹介

【監修者】
中島平三
【第2巻編集者】
今井邦彦
【執筆者】
今井邦彦,吉村あき子,原,大介,山口治彦,赤野一郎,瀬田幸人,今井朋彦
(執筆順)

関連情報

ジャンル一覧

ジャンル一覧

  • Facebook
  • Twitter
  • 「愛読者の声」 ご投稿はこちら 「愛読者の声」 ご投稿はこちら
  • EBSCO eBooks
  • eBook Library