講座 文明と環境 6 歴史と気候 (新装版)

吉野 正敏安田 喜憲(編)

吉野 正敏安田 喜憲(編)

定価 4,180 円(本体 3,800 円+税)

A5判/288ページ
刊行日:2008年08月20日
ISBN:978-4-254-10656-5 C3340

    現在お取り扱いしておりません

ネット書店で購入する amazon e-hon 紀伊國屋書店 honto Honya Club Rakutenブックス

書店の店頭在庫を確認する 紀伊國屋書店 旭屋倶楽部

内容紹介

気候変動が人間の歴史にいかなる影響を与えたかを特徴的な歴史の事件との関りを通して紀元0年以降について論じる。〔内容〕歴史時代の気候復元/古墳寒冷期の気候と歴史/中世温暖期の気候と歴史/小氷期の気候と歴史/気候と現代文明。初版1995年12月10日刊。

編集部から

目次

1. 総論1 過去1万3000年間の気候の変化と人間の歴史
 1.1 人間の歴史にインパクトを与えた気候の節目
 1.2 オリエントにおける1万2000年前の乾燥化のインパクト
 1.3 オリエントにおける1万年前の湿潤化のインパクト
 1.4 紀元前2600~2700年の寒暖変化のインパクト
 1.5 JW3最温暖期の温暖化のインパクト
 1.6 紀元前1056年の寒冷化のインパクト
 1.7 古墳寒冷期のインパクト
 1.8 西暦700年の気候の転換
2. 総論2 東アジアの歴史時代の気候と人間活動
 2.1 後氷期から歴史時代ヘ
 2.2 古モンスーンの復元と乾湿分布
 2.3 歴史時代のイベント
 2.4 中国における200年の人口変遷と気候
 2.5 南北の人口の変遷
 2.6 気候と歴史
3. 歴史時代の気候復元
 3.1 水月湖の細粒堆積物で検出された過去2000年間の気候変動
 3.2 屋久杉に刻まれた歴史時代の気候変動
 3.3 中国前20世紀から紀元前後までの気候
 3.4 コラム:古記録からみた韓国の気候変動
4. 古墳寒冷期の気候と歴史
 4.1 フン族あらわる
 4.2 後漢帝国の崩壊と倭国大乱
5. 中世温暖期の気候と歴史
 5.1 ヴァイキングの時代
 5.2 アンコール文明の発展―植物文明世界
 5.3 マヤ文明の発展をもたらしたもの
 5.4 チベット文明の拡大と気候変動
 5.5 渤海の盛衰と気候変動
 5.6 オホーツク文化の展開とアイヌ文化
 5.7 コラム:古代宮都・長岡京の廃絶と自然条件の推移
6. 小氷期の気候と歴史
 6.1 小氷期の気候
 6.2 小氷期のワインづくり
 6.3 平野の微地形変化と開発
 6.4 小氷期のイギリスと日本
7. 気候と現代文明
 7.1 現代文明崩壊のシナリオ
 7.2 アジア・モンスーンの思想―地球環境問題の解明に向けて
8. あとがき
9. 索 引

執筆者紹介

【総編集者】伊東俊太郎,梅原 猛,安田喜憲
【編集者】安田喜憲,吉野正敏
【執筆者】岩田修二,石澤良昭,置田雅昭,菊池俊彦,魚 塘,北川浩之,阪口 豊,菅谷文則,高橋 学,高山智博,田上善夫,中塚 良,林 俊雄,福沢仁之,安田喜憲,安成哲三,吉野正敏,吉村 稔

関連情報

ジャンル一覧

ジャンル一覧

  • Facebook
  • Twitter
  • 「愛読者の声」 ご投稿はこちら 「愛読者の声」 ご投稿はこちら
  • EBSCO eBooks
  • eBook Library