講座 文明と環境 8 動物と文明 (新装版)

河合 雅雄埴原 和郎(編)

河合 雅雄埴原 和郎(編)

定価 4,180 円(本体 3,800 円+税)

A5判/288ページ
刊行日:2008年08月20日
ISBN:978-4-254-10658-9 C3340

ネット書店で購入する amazon e-hon 紀伊國屋書店 honto Honya Club Rakutenブックス

書店の店頭在庫を確認する 紀伊國屋書店 旭屋倶楽部

内容紹介

人間と動物とのかかわりを文明論的に論じ,人間と動物との関係がいかに古くからあるかを,その間の動物観の変遷,環境変動などいろいろな具体例をあげながら解説。〔内容〕動物と日本人/動物観の変遷/動物と人間/人間と人間の共存/他。初版1995年7月10日刊。

編集部から

目次

1. 総論 日本人の動物観研究への序章
2. 動物と日本人
 2.1 宮沢賢治の動物の世界―序章
 2.2 山中異界論序説
 2.3 近世史料にみる獣害とその対策の歴史―獣類との共存をめざす新たなるパラダイムへの観点
 2.4 コラム:捕鯨の論理
3. 動物観の変遷
 3.1 日本のトキ(朱鷺)が辿った道
 3.2 ニホンザルの分布変遷にみる日本人の動物観の変転―東北地方の場合を例に
 3.3 タヌキの虚像と実像―タヌキ・たぬき・狸をめぐって
 3.4 日本人の動物観の変遷―鹿をめぐる葛藤
 3.5 アイヌの動物観
 3.6 メドゥーサの変貌に見る動物観の変遷
4. 動物と人間
 4.1 人類の進化と環境変動
 4.2 家畜と人間の歴史
 4.3 ウイルスと人間の歴史
 4.4 日本人の形成
 4.5 コラム:HLAからのメッセージ
5. 人間と人間の共存
 5.1 圧迫される先住民
 5.2 遺伝学からみた「人種」とその将来
 5.3 コラム:転換期のボルネオ先住民
6. あとがき
7. 索 引

執筆者紹介

【総編集者】伊東俊太郎,梅原 猛,安田喜憲
【編集者】河合雅雄,埴原恒彦
【執筆者】井上 真,石田貴文,石 弘之,池田 啓,尾本恵市,河合雅雄,田名部雄一,千葉徳爾,徳永勝士,野本寛一,花井正光,原 剛,埴原和郎,埴原恒彦,藤村久和,三戸幸久,安田 健

関連情報

ジャンル一覧

ジャンル一覧

  • Facebook
  • Twitter
  • 「愛読者の声」 ご投稿はこちら 「愛読者の声」 ご投稿はこちら
  • EBSCO eBooks
  • eBook Library