講座 文明と環境 7 人口・疫病・災害 (新装版)

速水 融町田 洋(編)

速水 融町田 洋(編)

定価 4,180 円(本体 3,800 円+税)

A5判/296ページ
刊行日:2008年08月20日
ISBN:978-4-254-10657-2 C3340

ネット書店で購入する amazon e-hon 紀伊國屋書店 honto Honya Club Rakutenブックス

書店の店頭在庫を確認する 紀伊國屋書店 旭屋倶楽部

内容紹介

火山災害や疫病,それに気象災害・地震等が人口の変動にいかなる影響を与えたかを論じ,人口変動の事実が自然環境や疫病といかにかかわったかを解説。〔内容〕自然の猛威と文明/疫病と文明/近現代の人口変動/日本人口史/他。初版1995年9月20日刊。

編集部から

目次

1. 現代世界における人口変動の諸様相
 1.1 合計特殊出生率―何人子供が生まれるか
 1.2 乳児死亡率と平均寿命―何人の人が生き延び,人は何歳で死ぬか
2. 自然の猛威と環境・文明
 2.1 自然の猛威とはなにか
 2.2 猛威の複合と自然史への影響
 2.3 自然の猛威が歴史に関わる条件
3. 自然の猛威と文明
 3.1 異常気象と文明
 3.2 地震と災害
 3.3 人類の大移動を起こした海面の大変動
 3.4 コラム:マヤ文明の滅亡
 3.5 コラム:古墳時代の榛名山大噴火と火災
 4.6 コラム:古代の大災害を語る八郎太郎伝説
4. 疫病と文明
 4.1 ペスト大流行
 4.2 産業革命期イギリスの人口と疫病
 4.3 病気の東西交流
 4.4 幕末開港と疫病――異文化接触と人口
 4.5 近代日本の都市における疫病と人口
 4.6 DDTは人類に何を与えたか
 4.7 現代文明の病巣エイズ
 4.8 コラム:死と病の社会史
5. 近現代の人口変動
 5.1 清朝期中国の災害と人口
 5.2 人口転換とエネルギー利用の転換
6. 日本人口史
 6.1 日本文明史における環境と人口
7. 索 引

執筆者紹介

【総編集者】伊東俊太郎,梅原 猛,安田喜憲
【編集者】速水 融,町田 洋
【執筆者】伊藤 繁,家田貴子,石 弘之,上田 信,内嶋善兵衛,大井邦明,鬼頭 宏,寒川 旭,杉山伸也,高橋眞一,田島和雄,新村 拓,早田 勉,速水 融,町田 洋,森脇 広,安元 稔

関連情報

ジャンル一覧

ジャンル一覧

  • Facebook
  • Twitter
  • 「愛読者の声」 ご投稿はこちら 「愛読者の声」 ご投稿はこちら
  • EBSCO eBooks
  • eBook Library